サ高住の囲い込み、利用者にはどんなデメリットがある?

近年、サ高住では利用者の囲い込みが問題になっていますが、囲い込みは利用者にどんなデメリットがあるのか知っていますか?

サ高住の囲い込みとは、必要のない過剰な介護サービスを利用させて事業者が不当な介護報酬を請求するという行為が問題視されているのです。

本来、サ高住では高齢者に介護が必要になった時に別途介護サービスを契約するというシステムになっていて、利用したい介護サービスを自由に選ぶ事ができますが、事業者側が契約を強制している施設もあると言われています。

サ高住は民間施設ですから、補助金欲しさに管理が行き届いていない施設を作っている事業者も多く、快適な生活が送れない事が考えられますので、サ高住への入居を検討しているなら施設選びが大切だと言えますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る