サ高住とシニア向け分譲マンションは何が違う?

高齢者向けの住まいにも幾つか種類があり、サ高住とシニア向けの分譲マンションはどんな部分が異なるのか知っていますか?

サ高住は賃貸借契約で入居する事ができ、設備基準が明確に決められているため居室には各種住宅設備が整っていますし、バリアフリーで住みやすいように設計されていて、生活相談と安否確認のサービスを利用する事ができるのです。

シニア向け分譲マンションは分譲ですから所有権方式になり、コンシェルジュが常駐していて、食事の他に掃除などの家事サービスを受けられたり、レストランやプールなど利用できる共有設備が充実しますよ。

共通点として、介護サービスを利用する場合には外部の事業者との別契約が必要になるので、必要に応じて介護サービスを活用すると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る