サ高住ってどんな施設?

サービス付き高齢者向け住宅とは、介護が要らない高齢者や要介護度が低い高齢者が、住み慣れた地域で暮らすための住宅です。

今は必要なくても、入居者は将来介護が必要になった時に介護保険のサービスを利用する事ができるので安心して生活できますよ。

賃貸住宅ですが、水回りの設備の設置は義務付けられていませんが、原則として各居室に付けられていて、施設によっては他の住人との共同利用になる場合もあります。

食事の提供がオプションとして付いている場合もありますが、居室には台所が備わっているため、基本的には自炊になりますよ。

居室の面積は原則25m2なので、単身者がゆったり暮らす事ができますが、60歳以上であれば単身者だけでなく、夫婦や親族との同居もできます。

関連記事

ページ上部へ戻る