サ高住への入居の注意点とは?

サービス付き高齢者向け住宅への入居を考えているなら、知っておくべき特徴や注意点がありますのでご紹介いたします。

60歳以上で要介護や要支援認定を受けた方が対象になっていますが、施設によって入居の条件が異なりますので事前に確認してみましょう。

場合によっては、介護施設が併設しているサ高住もありますし、サ高住から介護施設に通う事ができるのです。

見学するなら、入居後のトラブルを避けるために他の入居者の様子を確認してみると良いでしょう。

メリットとして、他の形態の介護施設よりもサ高住の方が自由度が高く、外出や外泊や来客なども自由なケースが多いのです。

終の住処として個室を賃貸契約してアパート感覚で済む事ができますし、施設によっては介護スタッフが専門的な対応してくれる場合もあるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事