サ高住と介護付き老人ホームの細かな違い

有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅の大まかな違いは多くの方がご存知だと思いますが、細かな部分で大きな違いがあります。

例えば契約形態を見ると、サービス付き高齢者住宅は住宅部分は建物賃貸借契約ですが、生活支援サービスも提供する場合には、サービス利用契約を別に結ばなければなりません。
一方、有料老人ホームでは、その多くが利用権方式を採用しています。
これは入居の時に一時金を支払うことで、終身に渡り居室と共用施設を利用する権利、そして介護や生活支援サービスを受ける権利が保証されるという契約となります。

サービス付き高齢者向け住宅だと、賃貸借契約を結ぶことが前提ですが、これは入居者の居住の権利を確保しやすいと見なされる為です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事