サ高住とシニア向け賃貸住宅の違い

民間の介護施設として挙げられるのがグループホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、シニア向け賃貸住宅です。
その中でも今回は、良く似ているサービス付き高齢者向け住宅とシニア向け賃貸住宅の違いについてご紹介します。

サービス付き高齢者向け住宅、以下サ高住は、行政への登録が必要で部屋面積も原則25㎡以上であること、バリアフリーであること、安否確認と生活相談が義務付けられていることなどの一定の基準を満たすことが必要です。
自立している方が多く、食事や介護サービスなど出来ないことをサポートして欲しい場合には、オプションとして別契約する必要があります。

シニア向け賃貸住宅は、家賃や食事などの基本料金の他には自由に別契約でプランを組むことが出来ます。
行政への届け出はしていませんが、中にはサ高住や有料老人ホームと同等の設備を揃えたところもあります。
自由度は高いですが、将来的にスタッフでは対応しきれない介護が必要となった場合には別のところに転居しなければならない場合があるのが課題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事