最先端のサ高住とは

近年では、サービス付きの高齢者向け住宅に注目が集まっていますが、介護と医療が連携して利用者にサービスを提供するという住宅形態なのです。

アジアの高齢者ケアで最優秀賞を受賞したサ高住では、利用者がみんなで楽器を叩き鳴らすドラムサークルを実施しており、即興の演奏は認知症対策にもなると言われていますし、叩くのが難しかった人も数ヶ月で元気に叩けるようになったのです。

介護スタッフは、共に暮らすように毎日接していたり、さりげなく安否確認を行っていて、健康チェックや連携している医師による訪問診察を受けることもできるのです。

多くの高齢者は、住み慣れた自宅で最期を迎えたいと考えていますが、高齢化や核家族化により在宅での介護は難しいかもしれませんが、介護施設で望んだ暮らしができるような環境づくりをすることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事