サービス付き高齢者住宅を利用しよう

介護施設には種類がありますが、近年話題になっているサービス付きの高齢者向け住宅は、居室が25平方メートルでバリアフリー設計になっていたり、スタッフによる見守りのサービスが付いているという要件を満たしている必要があるのです。

施設によっては介護のサービスをご利用いただける場合もありますが、基本的には介護が付いているわけではなく、介護が必要になったら外部の介護サービスを利用するという形式になりますよ。

24時間常に介護が必要という方は、他の介護施設を利用するのがオススメですが、サ高住は賃貸借契約を行いますので、最初に多額の入居金を支払う必要がない場合もあるのです。

入居しやすいというメリットがありますので、今とても注目されていますし、施設選びの選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事