「サービス付き高齢者向け住宅」と「介護付き有料老人ホーム」の違い

サービス付き高齢者向け住宅と介護付き有料老人ホームは似た雰囲気の施設ですが、中身を紐解いていくと全く違った施設であることが分かります。

サービス付き高齢者向け住宅は国土交通省の所轄の高齢者向け住宅で、スタッフが殆どの世話をしてくれる「施設」よりも、高齢者が自分の力で生活する「住宅」の意味合いが強いです。
もちろんただの住宅ではなく、高齢者にとって快適に過ごせる生活環境が整っていますし、ケアの専門職が常駐しているので、何かあれば簡単なサポートも受けられます。

一方で介護付き有料老人ホームは、日常生活を送る為に、日常的に介護スタッフによる生活介助を受ける「介護施設」となります。
一人で日常生活を送ることが困難な方、つまり誰かの介護が必要な方が入居する施設です。

どちらの場合でもスタッフが常駐していますが、前者のサービス付き高齢者向け住宅では、スタッフが行なえるのはあくまでも生活相談や安否確認に限定されており、介護施設のような介護サービスは受けられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事